DozensでのDNSレコード設定の手順を紹介します。

  1. ご登録のIDとパスワードでログインページからログインし、ドメイン一覧を表示します。
     
    登録完了後のDozensドメイン一覧画面
     
  2. ドメイン一覧からDNSレコードを追加したいドメインをクリックし、レコード一覧を表示します。
     
    レコード一覧画面からDNSレコードを追加
     
  3. 右上の「Record」ボタンをクリックし、必要なレコードを追加します。
     
    以下に、各レコードタイプの設定方法を記載します。

Aレコード

ホスト名とIPv4アドレスを紐付ける場合に使用します。

Aレコードの登録画面

  • RecordName [省略可]:ホスト名(サブドメイン名)を入力してください。
  • Type [必須]:「A」を選択してください。
  • TTL [必須]:レコードの有効時間を選択してください。
    BASIC/PRO/PREMIERユーザーは入力必須、FREE/MINIユーザーは「2hours」固定です。
  • Priority [省略可]:優先順位を入力します。基本的に指定は不要です。
  • Content [必須]:IPアドレス(IPv4)を入力してください。

AAAAレコード

ホスト名とIPv6アドレスを紐付ける場合に使用します。

AAAレコードの登録画面

  • RecordName [省略可]:ホスト名(サブドメイン名)を入力してください。
  • Type [必須]:「AAAA」を選択してください。
  • TTL [必須]:レコードの有効時間を選択してください。
    BASIC/PRO/PREMIERユーザーは入力必須、FREE/MINIユーザーは「2hours」固定です。
  • Priority [省略可]:優先順位を入力します。基本的に指定は不要です。
  • Content [必須]:IPアドレス(IPv6)を入力してください。

CNAMEレコード

ホスト名に別のホスト名(エイリアス)を紐付ける場合に使用します。

ホスト名は必ず入力してください。
ホスト名を省略してCNAMEレコードを登録した場合、そのドメインでメールが届かないなどの問題が発生します。

CNAMEレコードの登録画面

  • RecordName [必須]:ホスト名(サブドメイン名)を入力してください。
  • Type [必須]:「CNAME」を選択してください。
  • TTL [必須]:レコードの有効時間を選択してください。
    BASIC/PRO/PREMIERユーザーは入力必須、FREE/MINIユーザーは「2hours」固定です。
  • Priority [省略可]:優先順位を入力します。基本的に指定は不要です。
  • Content [必須]:RecordNameのホスト名とは異なるホスト名を入力してください。IPアドレス不可。

MXレコード

メールサーバを指定する場合に使用します。

mxレコードの登録画面

  • RecordName [省略可]:メールアドレスの@以下になるように必要に応じて入力してください。
  • Type [必須]:「MX」を選択してください。
  • TTL [必須]:レコードの有効時間を選択してください。
    ※ BASIC/PRO/PREMIERユーザーは入力必須、FREE/MINIユーザーは「2hours」固定です。
  • Priority [必須]:メールサーバの優先順位を入力してください。数が小さいほど優先度が高くなります。
    登録済みのMXレコードと同じホスト名かつ同じ優先順位の設定はできません。
  • Content [必須]:メールサーバのホスト名を入力してください。IPアドレス不可。

TXTレコード

ホストに関連づけるテキスト情報(文字列)を指定する場合に使用します。
SPFレコードやDKIMレコードを登録できます。

txtレコードの登録画面

  • RecordName [必須]:ホスト名(サブドメイン名)を入力してください。
  • Type [必須]:「TXT」を選択してください。
  • TTL [必須]:レコードの有効時間を選択してください。
    ※ BASIC/PRO/PREMIERユーザーは入力必須、FREE/MINIユーザーは「2hours」固定です。
  • Priority [省略可]:優先順位を入力します。基本的に指定は不要です。
  • Content [必須]:テキスト情報(文字列)を入力してください。

txtレコードではcontentの長さが255を超えるものも登録することができます。 255を超えて登録した場合、DozensのDNSはDNSクエリのレスポンス時に自動的に255文字ごとに区切ってレスポンスをする仕様となっております。

ダブルクォーテーションは、つけてもつけなくても動作に影響はございません。


SRVレコード

そのドメインで提供されているサービスの情報を指定する場合に使用します。

SRVレコードの登録画面

  • RecordName [必須]:「_(サービス名)._(プロトコル名)」の形式で入力します。(例:_ftp._tcp)
  • Type [必須]:「SRV」を選択してください。
  • TTL [必須]:レコードの有効時間を選択してください。
    ※ BASIC/PRO/PREMIERユーザーは入力必須、FREE/MINIユーザーは「2hours」固定です。
  • Priority [必須]:参照される優先順位を指定します。数が小さいほど優先度が高くなります。
  • Content [必須]:「Weight Port Target」を入力します。
    「Weight」は負荷分散の重み付け、「Port」はポート番号、「Target」はホスト名です。(例:0 21 ftp.example.com)

ALIASレコード(BASIC/PRO/PREMIERユーザーのみ登録可能)

ホスト名なしのドメイン名(Zone Apex)に対してCNAMEをしたい場合に使います。
標準のDNSの仕様には存在しない、Dozensの独自実装です。

ALIASレコードの登録画面

  • RecordName [省略可]:指定は不要です。
  • Type [必須]:「ALIAS」を選択してください。
  • TTL [必須]:「1minute」を選択してください。
  • Priority [省略可]:優先順位を入力します。基本的に指定は不要です。
  • Content [必須]:RecordNameのホスト名とは異なるホスト名を入力してください。IPアドレス不可。

 
4. 入力内容に問題がないことを確認し、「Create」ボタンをクリックします。
 
5. レコード一覧に登録したDNSレコードが表示されます。